紫外線でなぜ日焼けするの?

紫外線でなぜ日焼けするの?

紫外線と日焼けとは、どのように関係していてどのようにして私達の肌は日焼けをするのでしょうか?
紫外線は太陽光線に含まれているため、太陽の日差しがサンサンと降り注いでいる場所や季節、時間帯などには、私達は日焼けをします。

紫外線に当たったら、まず最初に肌が赤くなってきます。そして肌が痛くなる場合もあれば、痛くならずに肌に吸収されて肌の色が小麦色に変わる場合もあります。これはその人の肌が持っているメラニンの量によって変わります。つまり、肌の色が濃い方は肌により多くのメラニンが含まれているので、肌の保護能力も高く、日焼けをしてもやけどのような症状は起こさずに肌に吸収されて小麦色になります。

逆に、色白の方は日焼けをしても小麦色にならずに肌が赤くなってヒリヒリと痛みを伴う場合が多いですよね。これは肌の中のメラニン色素の保護量が少ないためなのです。

紫外線を浴びて日焼けした事で肌の中にはメラニンが生成されます。肌の代謝とともにメラニンは肌の表面から剥がれ落ちていくのですが、年齢とともに肌の代謝スピードが遅くなり、肌の上にメラニンがいつまでも残ってしまう事もあります。これがシミや肌のクスミなどの状態です。

紫外線は浴びないように努力する事が大切ですし、日焼け止めなどを塗って紫外線を防止する努力は必要です。また、浴びてしまった紫外線は早期ケアをすることでスピーディに肌の外へ排出する事も可能になります。紫外線は夏だけでなく冬も降り注いでいますから、ケアを抜かりなく行いましょう。


「本当の紫外線対策」記事メニュー

QLOOKアクセス解析