紫外線とuvカット商品の関係

紫外線とuvカット商品の関係

化粧品やスキンケア用品の中には「UVカット」とうたわれている商品もたくさんあります。UVとは紫外線の事で、紫外線をカットすることが美肌を目指すスキンケアの基本とも言われています。
日焼け止めはビーチや登山に行く時のみつけるものではなく、通勤する間でも私達は紫外線を浴びていますから、メイクをする際にもしっかりとUVカットはしたいものです。

普段使っているスキンケア用品の中にUVカットができる成分が配合されていれば、普段どおりのメイクをしても紫外線を予防することができるのですから便利ですよね。
最近では色々なスキンケアアイテムにUVカット成分が配合されているアイテムも多く、「UVカット」と記載されていたり「SPF20」のように「SPF」として記載されている場合もあります。

SPFの表示にも、SPF15のような低い数字もあれば、SPF50などのように高い数字もあります。SPFの値が高くなれば高くなるほど日焼け止め効果が高くなるということで、例えばSPF50なら、何もつけない場合よりも50倍の日焼け止め効果があるということになります。

紫外線のUVカットがどのぐらい必要なのかというと、住んでいる地域や季節などによって大きく異なります。例えば沖縄やハワイのように夏の日差しが強い場所では、SPFは50ぐらいは必要です。
しかし、冬になると雪が降るような地域では、沖縄やハワイと比較すると夏の紫外線もそれほど強くありませんから、SPF20ぐらいでも十分に紫外線をカットできるでしょう。ケースバイケースですね。


「本当の紫外線対策」記事メニュー

QLOOKアクセス解析