紫外線予防の化粧品を選ぶには?

紫外線予防の化粧品を選ぶには?

紫外線を予防する方法の一つに、UVカットされた化粧品を利用する方法があります。
海水浴やハイキングなど、強い紫外線に長時間さらされる場合には、化粧品に配合されている日焼け止め成分だけでは十分ではない場合もありますが、毎日の出勤など程度なら、日焼け止め効果がある化粧品で十分に紫外線対策できる場合が多いようです。

では、日焼け止め効果がある化粧品が紫外線をどのようにブロックしてくれるのか、その仕組みを簡単にご説明しましょう。

日焼け止め効果がある化粧品には、肌に全く紫外線を寄せ付けずに紫外線をカットしてくれるタイプの化粧品と、肌の表面で日焼け止め成分が紫外線を吸収してくれるタイプの化粧品とに分類する事ができます。
日焼け止め成分として配合されている紫外線散乱剤は、酸化チタンや酸化亜鉛などの成分が用いられる事が多く、紫外線を反射する事で肌に紫外線が吸収されることを防ぎます。

一方で、肌の表面で日焼け止め成分が紫外線を吸収してくれるタイプの化粧品には、ケイ皮酸誘導体、ジベンゾイルメタン誘導体、そしてパラアミノ安息香酸誘導体などの成分が用いられる事が多いようです。

つまり、日焼け止め効果があるスキンケア化粧品それぞれが、どちらのタイプの化粧品なのかは、化粧品の裏などに表示されている成分表を見ると、配合成分からどちらのタイプなのかを調べることができます。

さらに、日焼け止め効果がある化粧品を使う際に注意したいのは、汗をかいたりしてタオルで顔を拭いたりすることで、日焼け止め成分が取れてしまうことがあります。取れてしまった日焼け止め成分の隙間などから紫外線が入り込んで日焼けをしてしまう事もありますから、UVカット化粧品はたっぷりと塗り、2,3時間おきに塗りなおすと良いでしょう。


「本当の紫外線対策」記事メニュー

QLOOKアクセス解析