小顔整形で小顔になる方法とその注意点とは

小顔整形で小顔になる方法とその注意点とは

憧れの小顔を手に入れる究極の方法はズバリ、小顔整形ではないでしょうか。

小顔整形を行うためには、まず顔の悩みを把握し、美容整形業界で「理想的な小顔」とよばれる顔のバランスと比較しながら、適切な整形手術を選択することになります。
顔の筋肉が厚い方の場合にはボトックス注射をしたり、顔に脂肪がタップリつきすぎている方の場合には、脂肪を溶解するためのメソセラピーという注射を利用する方法もあります。

注射タイプの小顔整形手術は、ダウンタイムなども少ないので割と気軽に行う方もいるようですが、頬骨やエラを何とかしたい、と言う悩みの場合には、骨格そのものを切ったりする形成手術が必要になる場合もあり、そういう場合にはダウンタイムがかなり長くかかったり、手術費用も莫大な費用がかかったりするので、予め症例を多くこなしている専門医を見つけてカウンセリングを重ねる事をおススメします。

小顔整形では骨格を切らなくても、頬やアゴなどのフェイスリフト術を行う事で、顔のバランスが整い、小顔効果を実感する事ができる場合もあります。
また、生まれ持っている顔の輪郭の美しさを生かしながら、顔のバランスを整え、小顔を目指す事ができる場合も多いようですね。

整形手術を試みようと美容整形クリニックを尋ねても、骨格を切るほどの大手術をしなくても小顔を実現するとともに、魅力的な顔のバランスを作り出す事も十分に可能な場合も多いようです。
小顔整形は美容整形術ですから、いろいろな美容整形ドクターの意見を聞きながら、安心して任せることができるクリニックで手術を受けることが大切です。


「小顔になる方法」記事メニュー

QLOOKアクセス解析