敏感肌の洗顔で注意すること

敏感肌の洗顔で注意すること

敏感肌の方にとって、肌に合う洗顔料を探すだけでも、結構な苦労ですよね。敏感肌の方は界面活性剤などに対して肌トラブルを起こすことが多く、洗顔料などに含まれている成分によって肌が荒れたり肌が乾燥してしまったり、かゆくなったり、色々なアレルギー症状を起こしてしまいます。

敏感肌の方が洗顔料を選ぶ際には、無添加と表示されているタイプの洗顔料や、弱酸性と表示されているタイプの洗顔料などを選ぶと良いようです。また、赤ちゃんの肌にも使えるような低刺激タイプの洗顔料などでも、肌トラブルを引き起こす確率はグンと下がります。

敏感肌の方は、洗顔料を使って洗顔をするのは朝と夜の2回以上にならないように気をつけたいものです。洗顔をする際にも、洗顔料と肌の接触時間を少しでも短くするために、スチーマータイプの美顔器で毛穴を良く開いてから洗顔料で洗顔するとか、お風呂の中に使って毛穴を開いてから洗顔料でサッと洗顔するなど工夫をする事も大切です。

また、肌がかなり敏感肌という方は、洗顔料を使わない洗顔でも十分に肌の汚れを取る事が出来ます。
年齢不詳肌でも有名な黒木瞳さんは洗顔料を使わずにぬるま湯のみで洗顔していることでも有名ですが、洗顔の目的とニーズをきちんと理解していれば、洗顔料を使わなくても肌は十分に汚れを取る事が出来るのです。

洗顔をする際には熱すぎないお湯で、ぬるま湯を使い、なるべく界面活性剤が使われていないタイプや、使われていても少ししか使われていないタイプの洗顔料を使うことで、敏感肌の方でも肌トラブルの心配をすることなく洗顔することが可能になります。


「失敗しない洗顔方法」記事メニュー

「スキンケアとコスメの全て」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析