洗顔とクレンジングはどう違う?

洗顔とクレンジングはどう違う?

みなさんは「クレンジング」と「洗顔」はどのようにしてますか?クレンジングでメイクを取り、洗顔で皮脂や汗などを取るダブル洗顔をしている方も多いのではないでしょうか?

基本的に、クレンジングと洗顔は別の目的で行うものとして考えられています。クレンジングはメイクを取り除くための化粧品ですから、皮脂や汗などは取る事ができません。しかし、最近の化粧品には、ウォータープルーフでなかなか落ちない化粧品や、皮脂や汗にも強いタイプの化粧品なども多く、こういった落ちにくい化粧品はクレンジングを使って落とす方法が最適です。

一方で、洗顔料は、メイクを落とす目的で開発されているわけではなく、皮脂や汗などをすっきりと落とす目的で使用します。そのため、メイクをしていてクレンジングを省略すると皮脂や汗などは落ちても、メイクまではなかなか落ちないという事もあったりするわけですね。

クレンジングと洗顔料の二つを使って洗顔する方法をダブル洗顔と呼んでいます。
ダブル洗顔は、メイクも皮脂や汗なども、すっきりと根こそぎ落とす事ができるので洗浄力はとても高いのですが、一方で、肌をゴシゴシこすって肌に負担をかけてしまいがちですし、また、肌にとって必要な油分なども取ってしまうために肌トラブルの原因にもなりやすい洗顔としても知られています。

ダブル洗顔を行う際には、肌に負担をかけずに、クレンジングと洗顔料の成分が肌の汚れを取ってくれるのだと意識しながら洗顔することが大切です。
また、最近ではクレンジングと洗顔料などが一つになっているタイプのクレンジング洗顔料などもラインナップされているので、肌が敏感な方や乾燥肌が気になる方は、そういったタイプもチェックしてみてはいかがでしょうか?


「クレンジングの基本」記事メニュー

「スキンケアとコスメの全て」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析