ネイルについて

ネイルについて

爪のおしゃれといえばやはりネイルですよね。ネイルには色々な種類があり、自分自身で自宅で簡単に出来るマニキュアもあれば、ネイルサロンでしてもらう芸術的なネイルアートなどもあります。

ネイルアートは若い女性を中心にとても人気がありますよね。ネイルアートの歴史は古く、古代エジプト文明の頃にはすでに爪に色をつける習慣があったことがネイルアートの始まりだといわれています。当時は、身分が高い人ほど濃い色のネイルをしていたようです。

ネイルには色々な種類があります。

・ネイルケア:塗料など人工的な物をつけずに、爪の手入れをすることで、レディースだけでなくメンズにも人気があります。爪表面に出来る凹凸を平らにしたり、甘皮の処理などがネイルケアに当たります。

・マニキュア:私達が普段から使っている塗料のことですね。ネイルアートでも良く利用されるネイルで、色々なブランドから色々なカラーがラインナップされています。光沢があるタイプ、マットなタイプなどもあるので、リップとお揃いでネイルを楽しむ方も多いようです。

・付け爪:自分の爪の上に人工的な爪を接着剤でつけて、そのうえにネイルアートを施すネイルの方法です。付け爪は自分でつけることが難しかったりするので、ネイルサロンに足しげく通う女性も多いようです。自分の爪よりも丈夫というメリットがありますが、自分の爪が伸びると付け爪の位置を調整しなくてはいけないため、こまめに付け直す作業が必要になります。


「ネイルでおしゃれに」記事メニュー

「スキンケアとコスメの全て」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析