間違った口紅の落とし方はしないで

間違った口紅の落とし方はしないで

朝、メイクをした時に口紅を塗ったら、その日のうちに口紅をクレンジングで落とす事が大切です。肌に塗ったファンデーションなどをその日のうちに落とさないと肌トラブルの原因になったりするように、口紅も唇の上に残っていると、唇が乾燥したり、色素が沈着してシミができやすくなってしまいます。

最近の口紅はウォータープルーフだったり、食事をしてもなかなか落ちない口紅なども登場していて、とても人気がありますよね。しかし、これらの口紅は、なかなか落ちにくいというメリットが、クレンジングの際には結構な苦労をしなければいけない場合もあり、落とし方には注意をしたほうが良いでしょう。

通常のクレンジング剤では口紅がきちんと落ちない事も多いので、口紅を落とす際にはポイントメイク専用のクレンジング剤を使いましょう。口紅を落とす際には、指やコットンなどにクレンジング剤を取って優しく唇になじませると、クレンジング剤と口紅が混ざって簡単に落とす事ができます。あまりゴシゴシすると唇に負担をかけてしまいますし、唇の乾燥の原因にもなってしまうので気をつけましょう。

口紅の落とし方には、クレンジング剤を使用する方法以外にも、オリーブオイルなどを使って落とす事ができます。天然オイルなら唇に負担をかけることなく口紅を落とす事ができますし、界面活性剤による唇のトラブルなどを避けることもできるので便利ですね。

なかなか口紅が落ちないという場合には、コットンにオリーブオイルなどをたっぷりと含ませてから唇の上に乗せてしばらく置いておくと良いようです。クレンジングをした後には、ぬるま湯で洗顔をして仕上げましょう。


「口紅で差をつける」記事メニュー

「スキンケアとコスメの全て」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析