男性も香水をつける時代

男性も香水をつける時代

一昔前なら、香水は女性だけの専売特許のような感じでしたが、最近では男性用香水も充実したラインナップになっていて、自分の好みに合わせて香水を選ぶことができるようになりました。女性から見ても、汗臭い男性よりも、ほのかに香水の香りが漂う男性の方が好感度は高いようです。

男性向けの香水は、主にウッディ系の香水やムスク系、フゼア系、そしてオゾン系などがありますが、ユニセックスタイプの香水なら女性でも男性でもどちらにも合う香りなのでカップルで同じ香水をつけたりして楽しむという方法もあるようです。

香水の選び方を男女別に見てみると興味深いのですが、女性の香水は、女性自身が自分で気に入った香りを選んでいるのに対し、男性の場合には、彼女や妻など、パートナーが男性のために香水を選び、男性はそれを付ける、といったケースが多いようです。日本の女性が強くなったのか、それとも男性は、好みの香りに対してうるさくないのか、男女の違いで香水の選び方が違うというのは興味深いことですね。

メンズ向けの香水を選ぶ際には、大抵のブランドはメンズ向けの香水は“メンズ”と記載されている場合が多かったり、ブルーのボトルに入っていたりして、メンズ用の香水であることは一目瞭然となっています。香水をはじめて購入する方でも、迷うことなく購入できルはずです。

男性向けの香水の中でも人気があるのは、香水ブランドからカップル向けにラインナップされているタイプの香水のようです。例えばアルマーニでも、同じラインの香水で女性用と男性用のものがあり、トップノートとミドルノートの香りは異なっても、ラストノートの香りが同じになるように作られていたりして、カップルでつけるととてもお洒落かもしれませんね。


「香水の知識」記事メニュー

「スキンケアとコスメの全て」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析