香水について

香水について

女性だけでなく男性も大好きな香水は、もともとは薬用として使われていたり、宗教的な意味を持っていたようです。しかし現在では、自分のパーソナリティの一部として香水をつけることが多く、色々なタイプの香水の中から自分にぴったりの香水を選ぶことが一般的なようです。

香水の原料には色々な種類があり、その数は50種類から200種類ほどもあるといわれています。
その中でも、フローラル系と呼ばれる花や果実の香りを原料としている香水は甘い香りがするので、女性にはとても人気があるようです。

香水には色々な分類方法がありますが、最も一般的な分類方法は香調、つまり香りによる分類方法です。少しご紹介しましょう。

フローラル系:バラやジャスミンなど花の香り
フゼア系:ラベンダーなどを基調にした香り
シプレ系:ムスクを基調とした香り
シトラス系:レモンやライムなどさっぱりする香り
オリエンタル系:バニラなど天然樹脂の香り
ウッディ系:白壇など香木の香り
オゾン系:香水の中では新しいタイプの香りで、自然界には存在しない人工的な香り

これらの中でも、女性向けの香りはやはりフローラル系。甘い香りがロマンチックですよね。フゼア系やウッディ系は男性向けの香りですが、オゾン系などはユニセックスタイプの香水にも利用されている香りで、男性女性を問わずに楽しむことができるようです。

香水には濃度によってパルファム、オールパルファム、オードトワレ、オーデコロンなどに分類する事もできますが、濃度が濃い香水は香りも強いので、あまりたくさんつけすぎないようにバランスをとりたいものですね。


「香水の知識」記事メニュー

「スキンケアとコスメの全て」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析