毛穴とニキビの密接な関係とは

毛穴とニキビの密接な関係とは

毛穴とニキビには密接な関係があります。私達の体に無数にある毛穴からは、皮脂分泌がされたり汗が分泌されたりします。皮脂分泌が盛んになる思春期の頃にニキビが出来やすくなるというのは、この皮脂分泌によって毛穴が詰まりやすくなるために、ニキビが出来やすくなるという事なのです。

ニキビが出来るためには、毛穴の中に汗や皮脂などがつまり、毛穴をふさいだりして、アクネ菌というニキビの原因となる細菌が繁殖する事で肌が炎症を起こすプロセスがあります。

毛穴の中に汗や皮脂などがつまらないように普段から毛穴ケアを気をつけていれば、ニキビができにくい肌環境を作ることができますし、発生したアクネ菌を日ごろの毛穴ケアによって殺菌することができれば、ニキビによる肌の炎症などを防ぐ事も可能です。

思春期のニキビはホルモン分泌が原因で皮脂分泌が活発になりますが、大人ニキビの場合には、ストレスや間違ったスキンケアなどが原因で皮脂分泌が過剰になることでニキビとなります。同じニキビでも原因が異なりますからケアの方法も異なるわけです。

ニキビをケアするためには、ニキビ肌用のスキンケアを使って毛穴の中まで綺麗に掃除したり、ニキビが出来にくい肌環境を作る事も必要です。また、ビタミンCなどのサプリメントを摂取したりしてニキビができにくい体質を体内から作る事も大きな効果があります。

また、ニキビが出来てしまったら、むやみにつぶしたりせずに、毛穴ケアをすることでニキビを退治するように心がけましょう。ニキビ痕になってしまっては、治療に気が遠くなるような時間がかかってしまいます。


「毛穴の悩み」記事メニュー

「スキンケアとコスメの全て」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析