日焼け止めは必要?

日焼け止めは必要?

紫外線が強い季節や場所では、日焼け止めは欠かせません。日焼け止めをつけずに無防備に日焼けをしていると、肌が乾燥して肌トラブルの原因にもなりますし、数年後にはメラニンが肌の表面に出てきてシミになってしまいます。日焼けをしないと油断している季節でも、意外と紫外線は強く降り注いでいますから、日焼け止めの基本は季節を問わずに日焼け止めを塗ることが大切です。

日焼け止めには色々なタイプがあります。クリームやスプレータイプの日焼け止めは、メイクとは別に塗るタイプの日焼け止めで、メイクをしない男性や子供などでも使える日焼け止めとして知られています。
ビーチやハイキング、炎天下でスポーツをする方は、このタイプの日焼け止めを1時間ごと、もしくは2時間ごとに塗りなおすことが大切です。

最近ではファンデーションの中に日焼け止め成分が配合されているタイプの日焼け止めなどもあり、通勤時の紫外線程度なら、このタイプの日焼け止めでも十分に紫外線対策をすることが可能になりました。
メイクの上から日焼け止めを塗る必要がないので、肌がベタベタして不快感を感じることがないというメリットがある一方で、汗をかいたりするとメイクとともに日焼け止めが落ちてしまうというデメリットもあります。

日焼け止めは基本的に落ちにくくウォータープルーフとなっている場合が多いので、通常の洗顔ではなかなか落ちません。クレンジング剤を使ったり、専用の日焼け止め落としなどを利用して、その日の日焼け止めはその日のうちに落とすことを心がけましょう。


「日焼け止めを正しく使う」記事メニュー

「スキンケアとコスメの全て」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析