肌荒れでにきびができたら

肌荒れでにきびができたら

肌荒れの中でも肌にブツブツと出来てしまうにきびって本当に憂鬱ですよね。肌荒れの症状の一つに「にきび」という症状があります。にきびは、毛穴の中に皮脂や汗や老廃物などがつまってしまい、にきび菌(アクネ菌とも呼びます)が発生することで肌が炎症を起こしてしまう状態です。

にきびが出来てしまう原因には色々な原因があり、洗顔をしても毛穴の汚れが取れていない場合や、自分の肌質に合わないスキンケアをしていて肌が乾燥しすぎていたり、不要なオイルが肌の上にいつまでも残っている場合、また、化粧品が毛穴をふさいでしまうために肌が呼吸できない場合など、色々な原因があります。

また、成長期の若者はホルモン分泌が活発なため、どうしても皮脂分泌が活発に行われるためににきびが出来やすい肌環境にあったりするようです。

肌環境が正常な状態なら、毛穴に皮脂が詰まる事も少ないのですが、色々な要因で皮脂分泌が過剰になり、毛穴が詰まる事でにきびが起きてしまいます。皮脂分泌が過剰な家系だったりしても、にきびが出来やすい肌質になる事もあるようです。

肌荒れでにきびの症状が出たら、毛穴の中に詰まっている皮脂や汗などを取り除き、アクネ菌も殺菌して除去してくれるようなタイプの薬用スキンケアを使ってみるとよいでしょう。スキンケアの成分が徐々ににきびを退治してくれますから、洗顔の時に肌をゴシゴシこすったりして肌に負担をかけないようにしましょう。


「肌荒れを防ぎたい」記事メニュー

「スキンケアとコスメの全て」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析