吹き出物の薬はどんなものが良い?

吹き出物の薬はどんなものが良い?

吹き出物が出来たら、自分でむやみにつぶしたりせずに、状態を見て医師にみてもらうことが必要かもしれません。ドラッグストアなどで大人ニキビ対策の薬は販売されていますが、やはり皮膚科で処方してもらう薬の方が効果は大きいですし、スピーディに効果を実感することが出来るのでおススメですね。

吹き出物の薬にはいくつかの種類がありますが、抗生物質など内服薬を処方してもらう方法と、塗り薬を処方してもらう場合が一般的なようです。
抗生物質は、体内から吹き出物の原因になっている細菌が繁殖したり炎症を起こしたりするのを予防・改善することで、吹き出物を悪化させたり、これ以上増やさないことができます。吹き出物がたくさん出来てしまった場合や、赤く炎症を起こしていてどうにもならない場合などには、抗生物質が大きな役割を果たします。

肌の内側から抗生物質で吹き出物の悪化を食い止めるのと同時に、イオウが含まれている塗り薬などを吹き出物に塗る方法も大きな効果があります。イオウには、吹き出物の原因となっている細菌を殺菌する働きがあるため、肌の外側から吹き出物が悪化することを防ぐことが出来ます。
その他にも、漢方薬やホルモンバランスを整えるための薬などが必要に応じて処方されるようです。

また、薬ではありませんが、吹き出物が出来ている場合には、ビタミンCも大きな効果があります。ビタミンCをサプリメントで摂取したり、ビタミンCがたっぷり配合されているニキビ肌用のスキンケアを利用したりすることで、吹き出物をスピーディに小さく抑えることが可能になります。


「吹き出物対策」記事メニュー

「スキンケアとコスメの全て」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析