吹き出物に漢方薬が効くの?

吹き出物に漢方薬が効くの?

吹き出物の治療にはいろいろな方法があり、薬で治療する場合にもいろいろな薬があります。その中でも特に効果が高いといわれている漢方をご紹介しましょう。

皮膚科で処方される薬は西洋医学の薬で、医学的根拠に基づいて吹き出物の症状を改善することが出来る薬です。一方、漢方は東洋医学の薬で、私達の体が持っている力によって吹き出物の症状を治療使用という考えに基づいて開発されているため、長期間服用し続けても体に害が出るということはありません。

吹き出物の治療に有効な漢方薬にもいろいろな種類がありますが、体質や肌質にあわせて選ぶことが大切です。例えば、オイリー肌の方に出来る吹き出物は、皮脂分泌が盛んな鼻の周辺や頬などに吹き出物が出来る場合が多く、吹き出物自体も赤かったり黒かったりする吹き出物が多く見られるようです。

また、顔が赤くなりやすい方や、のぼせやすい方などにも、オイリー肌のための漢方「清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)」や「荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう」などの漢方がおススメです。

同じオイリー肌でも、冷え性の方や肩こりや便秘の方には、 「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」や「桃核承気湯(とうかくじょうきとう) 」がおススメです。乾燥肌の方や冷え性、貧血気味の方には、 「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」や「加味逍遥散(かみしょうようさん)」などの漢方が処方されるようです。

このように、漢方薬はその人の体質や肌質にあわせて処方されるので、効果もスピーディに実感できますし、体の免疫力をアップさせてくれるので、吹き出物が出来にくい体質に変わっていくようです。


「吹き出物対策」記事メニュー

「スキンケアとコスメの全て」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析