アイシャドウを使うメイクの注意点

アイシャドウを使うメイクの注意点

メイクの中でもアイシャドウは、アイメイクに分類されます。アイシャドウを使う際には、どういった点に注意してメイクをすればよいのでしょうか?

多くの女性は、色々なカラーのアイシャドウを持っていて、気分と好みで使い分けているという方が多いのではないでしょうか。実は、アイシャドウのメイク方法は、アイシャドウのカラーによって少しずつ変えることが大切なのです。

日本人の肌になじみやすいブラウン系のアイシャドウは、肌色に近いカラーから順に肌に乗せていきましょう。肌に最も近いカラーをまぶた全体に薄く伸ばし、濃い色を目尻に近い部分に伸ばします。ポイントとなるイエロー系などは黒目の上になる部分につけると印象的な仕上がりになるようです。

ピンク系やブルー系のアイシャドウは、ブラウン系のアイシャドウと同じ要領でつけてはいけません。ブルー系のアイシャドウを使ってメイクする際には、ブルーをまずまぶた全体に乗せ、グレーなどを目のキワに乗せて目元の印象を演出すると良いでしょう。
また、下まぶたにもブルーを乗せると全体のバランスを取る事が出来ます。

ピンク系のアイシャドウの場合には、ピンクをまぶた全体に乗せたら、他の色は使わずにアイライナーなどでアイラインをしっかり引きましょう。下まぶたにはホワイトパールなどを乗せて、全体的に華やかな雰囲気に仕上げると良いでしょう。

アイシャドウは、自分の肌や顔の印象に似合ったカラーを選んでメイクすることが大切です。また、天気や気分、服装などに合わせて変えても、気分が変わってよいかもしれませんね。


「人気のアイシャドウ」記事メニュー

「スキンケアとコスメの全て」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析