毛穴対策のコンシーラーを使うには

毛穴対策のコンシーラーを使うには

肌のあらゆる悩みを解決してくれるコンシーラーは、ワンランク上のメイクを目指したい方にとっては必需品ともいえるメイクアイテムです。コンシーラーを使えば少し肌の血色が悪くてもコンシーラーでカバーする事ができますし、クマやシミなどもカバーする事ができるので、健康的で明るい肌に見せることが出来るというわけです。

ところで、コンシーラーを使って、大きく開いてしまった小鼻の毛穴なんかも隠せるのでしょうか?

実は、コンシーラーの使い方を工夫すれば、毛穴の広がりなどもコンシーラーで隠してしまう事ができます。コンシーラーを毛穴につける際には、あまりたっぷりとつけると毛穴が完全に詰まってしまいますし、何よりも化粧崩れの原因となるので、毛穴が隠れる程度の薄付きを心がけましょう。

コンシーラーで毛穴を隠す場合には、指を使って軽く叩きながら、スタンプを押すような感じで少しずつ伸ばしていきます。伸ばす際にも、一方向に向かって伸ばすのではなく、色々な方向からバランスよく伸ばすことで、周囲の肌にコンシーラーがなじんでいきます。

またコンシーラーにもニキビ痕を隠すタイプもあれば、毛穴を隠すタイプなどもありますが、どちらでも基本的な部分は同じなので、実際に使ってみて使いやすいと感じるほうを使用すると良いようです。

そして、コンシーラーで毛穴の開きをカバーしたら、メイクを落とす際にも毛穴の中の汚れを確実に落とすことができるようにクレンジング剤を使いましょう。ぬるま湯で毛穴を開きやすくしてからクレンジングで毛穴の中の汚れを洗い流し、ローションで引き締めると素肌自体が少しずつ毛穴レスの美肌に近づいていきます。


「コンシーラーの選び方」記事メニュー

「スキンケアとコスメの全て」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析