リップにつけるコンシーラー

リップにつけるコンシーラー

コンシーラーの中には、肌のクマやシミなどをカバーするだけでなく、リップスティックをつける前にリップにつけることができるコンシーラーもあります。リップコンシーラーを使う際には、ちょっとしたコツが必要なので、ここで簡単にご紹介しましょう。

リップコンシーラーは、リップという感覚で横にこするのではなく、押し付けるような感じで、ポイントポイントにスタンプを押すような感じでつけていくと上手につけることができます。たっぷりとつけすぎると、リップをつけた時によれたり、ボロボロと取れてしまうということもあるのでつけすぎには注意しましょう。
リップコンシーラーをつける際には、指で軽く押さえながらなるべく薄付きにつけるようにすると上手につけることができるようですよ。

リップコンシーラーをつける際には、まずリップスティックをつけて唇の保湿をし、ティッシュで軽く押さえてからリップコンシーラーをつけます。その後、リップカラーやグロスなどをつければOK。リップコンシーラーをつけることでリップの発色が一日中キープできます。

リップコンシーラーには色々な効果があり、唇の色がよくないときに唇の色をカバーしてくれるのでリップスティックの発色が鮮やかになるという点もありますし、唇の色素が薄い場合にも、リップスティックの発色をぐんと鮮やかにしてくれるという機能もあります。

その他にも、唇を少しふっくら見せたい場合や、唇をいつもよりも細く見せたい場合などに、唇の輪郭を修正するためにリップコンシーラーを使うこともできます。色々な使い方ができるので便利ですね。


「コンシーラーの選び方」記事メニュー

「スキンケアとコスメの全て」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析