コンシーラーでクマ対策する方法

コンシーラーでクマ対策する方法

目の下にクマってできませんか?若い頃には少しぐらい夜更かししてもクマはできないことが多いのですが、年齢とともに、少し疲れるとすぐ肌に疲れが表れてクマになってしまうことが多くなります。
目のクマは青黒く現れるため、不健康に見えますし、朝はクマがなくても、午後に鏡を見ると突然クマが現れていたりするので厄介なのです。

実は、クマはコンシーラーでしっかりカバーする事が出来る肌のトラブルです。クマは肌に凹凸があるわけでもなく、肌の色のみを修正したいわけなので、コンシーラーを使いこなせばいつクマができてもコンシーラーがカバーしてくれます。

クマを隠す際には、コンシーラーを選ぶ時に自分の肌の色よりも一段明るいカラーを選ぶことが大切です。そして、クマができていてもできていなくても、毎朝のメイクの際にはコンシーラーを塗っておくと、万が一クマができても安心。

また、クマを隠すためのコンシーラーには、ホワイト系のコンシーラーもあれば、血行が良く見えるようなオレンジ系のコンシーラーもあるようです。つけた感じと自分の肌の色との相性によって、ピッタリのカラーを選ぶと良いでしょう。チークと間違われるようなピンク系は日本人の肌では控えた方が良さそうです。

それからクマを隠す際のコンシーラーは、あまり厚く塗らないことが大切です。厚塗りしてしまうとファンデーションののりが悪くなったり化粧崩れの原因にもなってしまうので、薄付きで目の下の広い範囲をカバーするように肌に乗せましょう。


「コンシーラーの選び方」記事メニュー

「スキンケアとコスメの全て」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析