チークの入れ方はこれでOK!

チークの入れ方はこれでOK!

メイクの最終プロセスでもあるチーク。チークは簡単そうで、実はちょっとした入れ方のコツで大きな効果を出すことが出来る魔法のメイクアイテムでもあるのです。チークを入れる前に、顔が赤ら顔になりやすい肌の方は、ファンデーション部分にグリーン系のコンシーラーを塗り、自然な頬の赤みを押さえましょう。

チークを入れ方の基本は頬骨です。頬骨からスタートしてから、こめかみに向けてチークブラシを跳ねるような感じでブラシを話してみてください。イメージ的にはカタカナの「レ」を描くような感じです。
このようにブラシを跳ねる事で、骨格がはっきりと際立つとともに、引き締まったフェイスラインをアピールする事が可能になります。

そして、チークに使用するブラシにも色々な形があります。チークブラシとして販売されているものならどの形のブラシでも問題ありませんが、ブラシの形によってチークの印象が変わってきます。
例えば丸型のブラシは、柔らかい印象のチークとなりますし、太くしっかりとチークを入れたい場合には楕円形がおすすめです。楕円形よりもさらにつぶれた楕円形の平楕円形ブラシでチークを入れると、さらにシャープな感じのチークとなります。

チークを入れたら最後に、チークの上のラインに合わせてハイライトをサッと入れる事もコツです。ハイライトはチーク系のカラーで肌の色よりも明るいホワイト系の色でサッと、チークの上のラインに一筋入れるだけ。しかし、この一筋のハイライトによって、顔の印象が明るく透明感のある肌に見せることが出来るのです。


「チークを入れてみよう」記事メニュー

「スキンケアとコスメの全て」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析