チークについて

チークについて

メイクをしたら最後の仕上げにチークを入れましょう。チークはサッとブラシで入れるだけなのですが、意外と軽視されてしまいがちなメイクでもあります。
チークを入れることで、顔色を健康的に見せるだけでなく、華やかな印象も与えてくれるので、チークはとても大切。ナチュラルメイクをした際にもチークは忘れずに入れたいものですね。

まずチークを入れる際には、大きなブラシを使う事も大切です。大きなブラシを使って、サッと入れるのがチークの基本。入れ方も顔の形や演出したいイメージよって微妙に変えた方が良いようです。

チークを入れる際には、ちょっとした工夫をすることで小顔効果を得る事もできるのです。そのコツは、チークを入れる際に、肌色よりも若干濃い色のシャドウを髪の生え際、つまり、耳の少し上辺りの生え際辺りにさっと入れることです。入れすぎると顔色が悪く見えてしまいますが、サッと見えるか見えないぐらいの感じでシャドウを入れることで、小顔効果が出るというわけです。

シャドウを入れてから頬骨にチークを入れますが、チークの基本はやはりピンクやオレンジ、ベージュ系ですね。肌の色や肌のトーンにあわせて、自分にピッタリのチークカラーを選びましょう。色白の方はピンク系、日焼けをしている方はオレンジ系の方が似合うようです。
サッと軽く乗せるだけでOKなのですが、気合を入れてチークを入れると、おてもやんのような感じになってしまうので注意しましょう。


「チークを入れてみよう」記事メニュー

「スキンケアとコスメの全て」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析