しみはなぜできてどうすればいいの?

しみはなぜできてどうすればいいの?

しみができる原因のほとんどが紫外線と言われているほど、しみと紫外線には密接な関係があります。
数十年ほど前なら、日光浴は健康的だからと推奨されていましたが、最近ではオゾン層の破壊などの影響もあって紫外線が強くなり、紫外線に当たりすぎると皮膚がんの可能性も高くなると言われています。

紫外線は肌にとっても悪影響を及ぼします。その代表的な症状の一つに「しみ」があります。
しみは、紫外線を浴びたメラニンが肌の内側で濃い色に変色し、長い年月をかけて肌の表面に浮かび上がってくる症状で、無防備に日焼けをしているとあっという間に肌はしみだらけになってしまいます。

一度できてしまったしみを改善したり消す事は簡単ではなく、長い期間と根気が必要になります。やはり、しみはニキビと同じように、できてからの治療を気にするのではなく、しみができないように普段から気をつけたいですね。
しみができてしまったり、しみを予防するためには美白効果がある化粧品などを使用すると良いでしょう。また、ビタミンCなど美白効果があるサプリメントなどを普段から服用して肌の美白に勤める事も大切です。

すでにできてしまったしみを治療するためには、皮膚科などでしみ取り治療を行う方法もあります。美容皮膚科などではレーザーを使ってしみ取り治療を行う事ができますが、健康保険が適用されないため治療費はかなり高額になってしまいます。
一般皮膚科では、塗り薬や内服薬などを処方され、少しずつしみの改善に取り組む事になります。


「しみに詳しくなる」記事メニュー

QLOOKアクセス解析