しみはレーザー治療できる!?

しみはレーザー治療できる!?

しみの治療方法の一つにレーザー治療があります。レーザー治療はスポット的にしみがある場所に当てることで、内面からしみの原因を取り除く事ができる画期的な治療で、色が濃くなって肌の表面に残っているしみやほくろなどを取り除く治療として人気があります。

しみのレーザー治療では、多くが色素レーザー治療やルビーレーザー治療とよばれる、メラニン色素にピンポイントでレーザーを照射してメラニン色素のみを破壊する治療法方が多く用いられるようです。

特徴としてはレーザーを使ってしみを取り除くので、メスなどによる傷跡が残りません。
大切な顔ですから、傷跡を残すことなくしみを取り除く事ができるという点は大きなメリットと言えるでしょう。ダウンタイムさえしっかりクリアすれば、普段の洗顔やお化粧などがまた楽しめるようになります。

また、レーザー治療を行った直後には、火傷をしたような状態になるため、しみが今までよりも濃くなったような感じがする場合が多いようです。しかし2週間程度するとメラニンがポロリと取れてしみのない美肌がその下から現れるようです。

そしてレーザー治療でしみを治療する際には、ほとんど痛みを感じることはなく、ジリっとした痛みを一瞬感じる程度なので十分に我慢できる痛みです。老人性のしみにはかなり効果が大きいようで、炎症性のしみなどにはあまり効果がありません。
しみなら何でもOKと言うわけではないので、皮膚科ドクターとしっかり相談してから治療方法を決める事が大切です。


「しみに詳しくなる」記事メニュー

QLOOKアクセス解析