日焼けでしみを作らないためには

日焼けでしみを作らないためには?

しみの大敵でもある紫外線。紫外線による日焼けは、数年後に大量のしみができてしまう原因にもなります。しみの原因にもいろいろあり、加齢による老人性のしみ、内臓機能の不調によって現れるしみなどもありますが、若い世代にできるしみの多くは、日焼けが原因でできるしみのようです。

しみを作らないためには紫外線に当たらない事が理想的ですが、それでは夏を楽しむことができませんよね。小麦色になるまで日焼けしてしまうというのはしみにとっては大敵ですからおススメはしませんが、ビーチやプールに行く時にはシッカリと日焼け止めを塗って紫外線対策をすることが大切です。

日焼け止めは、日焼け止めクリームなどを使っても良いですし、ファンデーションの中にはUV効果が高いものもあるので、そういったアイテムを使っても良いでしょう。
日焼け止めはずっと炎天下で過ごす場合には、1時間ごとにシッカリと塗りなおすことも必要ですし、帽子などをかぶってなるべく直射日光を避ける努力も必要といえます。

うっかり日焼けをしてしまったら、アロエなどで熱を冷やすと同時に、美白効果のあるパックなどを集中的に行い、少しでも日焼けによるしみのリスクを軽減するように努力しましょう。部屋の中にいても日光が当たるとメラニンが生成されるので、紫外線が強い季節は特に、UVがタップリ入っているファンデーションを常につけておくと良いかもしれませんね。
しみがたくさんできてしまった場合には、皮膚科でピーリングやレーザー治療などの治療をすることでしみを消す事も可能です。


「しみに詳しくなる」記事メニュー

QLOOKアクセス解析