敏感肌の洗顔方法には注意が必要

敏感肌の洗顔方法には注意が必要

敏感肌の方は、洗顔する際にもどんな洗顔剤を使ってどんな洗顔方法をしたら良いのか、結構気を使ってしまいますよね。敏感肌の場合には、ちょっとした成分にも敏感に反応してしまうため、まずは自分の肌質にあった洗顔剤を選ぶことから始めた方が良いでしょう。

敏感肌の方は、洗顔剤などに含まれている化学成分に肌が反応してしまうようで、肌が赤くなったりかぶれてしまったり、ニキビのようなブツブツができてしまったり、という症状が代表的なものです。
そのため、敏感肌の方は、弱酸性タイプの洗顔フォームや、無添加の石鹸などを使った方が、肌にとっては負担をかける確率が少ないといえるでしょう。

最近では敏感肌の女性が急増しているせいか、敏感肌でも安心して使うことができる洗顔剤なども販売されています。価格が高ければ必ずしも肌に良い、ということは敏感肌の方にとってはあまり当てはまらないので、地道にコツコツと自分にパーフェクトな洗顔剤を見つけることが大切ですね。

極度の敏感肌だという方は、皮膚科に行ってドクターズコスメという洗顔料を処方してもらう事もできます。価格もそれほど高くないので学生さんでも安心して利用できるのが嬉しいですね。

敏感肌だと思っていたら、実は乾燥肌が原因で肌が過敏になっていた、という場合もあります。自分自身で判断する事は難しいので、化粧品カウンターなどで肌質チェックを一度してもらう事も、自分の肌質を知るという意味ではとても有効です。
乾燥肌なら保湿をたっぷり行う事で、肌も少しずつ免疫が出来てきますし、自分の肌に有害な成分を皮膚科で調べてもらうことで、敏感肌の肌荒れを予防する事も可能です。


「敏感肌を守るスキンケア」記事メニュー

QLOOKアクセス解析