考えられる敏感肌の原因とは

考えられる敏感肌の原因とは

敏感肌になってしまう原因にはいろいろな原因があります。アトピー性皮膚炎やアレルギーなどは自分自身でなかなかコントロールすることが難しい原因ですし、ホルモンのバランスや内蔵の機能障害などは先天的な場合もありますし後天的なケースもあるようです。

また、ストレスを溜め込んだり生活習慣が乱れて夜更かしが続いたりすることで敏感肌となってしまう場合もあります。自律神経が乱れる要素を普段から少なくできるように工夫する事も必要ですね。

敏感肌の原因は他にもたくさんあります。例えば、自分の肌に合わない化粧品を使い続けていると気づいた時には敏感肌になっていたという事も多いようです。仮に自分が乾燥肌なのに、ニキビが出来るからオイリー肌だと思い込んでオイリー肌用のスキンケア用品を使っていたりすると、乾燥肌がますます進んで敏感肌となってしまいます。

同じように、洗顔法方が原因で敏感肌となってしまう場合もあります。例えばダブル洗顔です。
ダブル洗顔は洗顔方法を間違えると肌の表面に必要なセラミドを取り除いてしまうため、肌環境のバランスが崩れて敏感肌の原因にもなってしまうのです。
敏感肌でダブル洗顔をしている方は、少しダブル洗顔をやめてみたり、洗顔方法を変えてみたりしてみてはいかがでしょうか?翌日から効果があらわれる事も少なくないようですよ。

そのほか、引越しをしたりして生活環境の温度や湿度が劇的に変化しても敏感肌の原因となる場合もありますし、季節の変わり目に肌がついていけなかったり、疲労などによって肌環境のバランスが崩れて敏感肌となる場合もあります。

敏感肌の原因は一つではありませんし、自分自身の敏感肌の原因も一つとは限りません。思い当たる節がある場合には一つずつ確実に解消していくことで、敏感肌の症状をも改善する事ができるようです。


「敏感肌を守るスキンケア」記事メニュー

QLOOKアクセス解析