ボディも敏感肌の人はどうする?

ボディも敏感肌の人はどうする?

敏感肌ときくと、スキンケアやメイクなど、顔の敏感肌を真っ先に思いつきますが、実は敏感肌は顔だけではなくボディにも存在しています。敏感肌や乾燥肌が極度に進行した状態がアトピー性皮膚炎と言われていますが、ボディの敏感肌は実はお顔の手入れよりもなかなか困難な場合も多いようです。

ボディの敏感肌の場合には、「少し肌が乾燥ぎみだな」と感じた段階で、お風呂上りに保湿ローションや保湿クリームを塗ったりしてケアをすることで避けることもできます。
また、肌の表面に残っている皮脂をとり過ぎないように弱酸性のボディソープを使ったり、ベビーソープなどを使うことでも敏感肌の症状が進行することを避ける事もできます。

ボディが敏感肌の場合に注意しなければいけないのは、その部分を刺激しないように服装などにも気を使う事も必要かもしれません。

例えば、敏感肌の症状がひどく出ている部分が洋服などによってこすれたり当たったりすると、皮膚に刺激を与えてしまいますから痛みが出たり、敏感肌の症状が悪化する場合もあるようです。下着を着ける際にも、こすれたりして敏感肌の症状を悪化させないように気をつける事も必要と言えるでしょう。

ボディ用の敏感肌ケアアイテムもたくさんラインナップされているので、そういったアイテムを利用して常に肌の保湿を心がけることもできます。
一般の保湿ジェルや保湿クリームには界面活性剤などが含まれている場合も多いので、無添加やオーガニックタイプの保湿クリームなどを利用したり、敏感肌用に開発されている保湿クリームなどを利用すると、肌トラブルを起こすことなく安心して利用できる場合も多いようですよ。


「敏感肌を守るスキンケア」記事メニュー

QLOOKアクセス解析