白にきびってつぶしていいの?

白にきびってつぶしていいの?

にきびの中でも初期段階の白にきびは、シッカリとしたスキンケアをすることで悪化させる事なく自分自身で治療をすることができるにきびです。

白にきびとは、にきびのてっぺんの部分が白く、中に膿がたまっているような感じに見えることから「白にきび」と呼ばれています。その原因の多くは、毛穴がいろいろな理由によってふさがれてしまうことによる場合が多く、毛穴の中までシッカリと洗顔をするように心がける事で白にきびはできなくなっていく事が多いようです。

また、白にきびができた事がある方なら経験ある方も覆いと思うのですが、プシュッとつぶすと中から膿が出てきたりして、結構面白かったりしますよね。白にきびの中には、つぶしてもよいものもあれば、つぶさないほうがよいものなどもあり、白にきびをつぶす場合には、その部分の毛穴が開きっぱなしにならないようにケアをする事も大切です。

そして白にきびをつぶす場合には、アルコールでにきび周辺をシッカリと消毒してから、周辺の皮膚を広くつまむような感じでプシュと中身を出します。その後に、美白効果が高い美容液や化粧水などをこまめにつけるようにしていると、白にきびのにきび痕を残すことなくケアする事ができます。

白にきびは主に、皮脂の過剰分泌が原因で起きる事が多く、食べ物が脂っこい食生活をしている方や、夜寝る前にシッカリと洗顔しないまま寝てしまうことが多い方などには、よく出来るようです。
白にきびを作らないコツは、メイクをしたらその日の夜に落とし、毛穴の中まで汚れを洗い流すように心がける事で、ずいぶんと改善される事が多いようです。


「にきびを大解剖」記事メニュー

QLOOKアクセス解析