にきびの治療方法を間違えていませんか?

にきびの治療方法を間違えていませんか?

にきびができてしまったら、どのような治療方法があるのでしょうか?

白にきびが顔に一つか二つできている、と言う場合には、自分自身で治療を行う事ができます。
手を清潔に洗い、にきびの部分をアルコールで消毒して、白にきびのてっぺんについている膿をつぶします。爪などをつかったりせずに、指の腹で遠くから押し出すような感じがグッドですね。つぶした後には美白効果がある美容液などをしっかりつけておけば、にきび痕になることもなくにきびを治療する事ができます。

白にきび以外の赤にきび・黒にきびなどは、自分で治療する事はできませんから、皮膚科を診療して内服薬もしくは外用薬を処方してもらうと良いでしょう。
ホルモンバランスを整える効果がある低用量ピルを処方してもらう事も可能ですし、にきびの状態がひどい場合にはステロイドを一時的に塗って一気に炎症を抑えると言う治療方法もあります。誰にでも希望する薬を処方してもらえるわけではありませんから、担当医師とよく相談して、どの方法でにきび治療を行うのか決めましょう。

美容皮膚科などでは、ケミカルピーリングやレーザー治療などでにきび治療を行う場合も多いようです。ケミカルピーリングやレーザー治療などは健康保険の対象外となるので治療費用が数万円から百万円を超えるような場合などもありますから予算と相談しなければいけません。
また、ダウンタイムが発生するので、仕事に行っている方などは、ダウンタイムを土日に来るようにして治療を行うなど、工夫する事も必要かもしれませんね。


「にきびを大解剖」記事メニュー

QLOOKアクセス解析