にきびと皮脂の関係とは?

にきびと皮脂の関係とは?

にきびと皮脂には、実はとても密接な関係があります。にきびにはいろいろな原因がありますが、その中でも多いにきびの原因の一つに、皮脂腺があります。

例えばオイリーな肌を持っている方は、健康的な肌を持っている方と比較すると皮脂腺が活発に機能している場合が多く、この皮脂腺の働きによって毛穴が開いたり、にきびができやすい肌質になったりするのです。毛穴が汗や皮脂などでつまり、にきびとなると、肌は盛り上がりにきびとして肌の表面に現れます。
にきびの治療を私達が必死に行っている最中でも、にきびの原因となった毛穴にはさらに皮脂や老廃物などがたまり硬くなって毛穴を開いてしまいます。

皮脂はにきび以外にもいろいろな悩みをもたらします。
例えば、皮脂が活発になり角栓とよばれる「皮脂の塊」が毛穴につまり、イチゴのような感じの鼻になってしまうことがあります。イチゴ鼻と呼ばれている症状ですが、毛穴が開き、そこに皮脂でできた角栓が詰まってしまう事によって起きるのです。
そのほかにも、毛穴が黒ずんでしまったり、肌の赤みが気になる悩みを持つ方も多いのですが、全てはこの皮脂とにきびが原因になっています。

にきび治療を行う際には、この皮脂の分泌を抑えることが必要不可欠です。例えば皮脂分泌が活発になる脂質や糖質を含む食べ物を控えて、野菜などサッパリした食生活を心がけたり、夜更かしはせずに睡眠時間はタップリと確保するなど、普段の生活の中で皮脂の分泌を抑える工夫をすることがいろいろできます。


「にきびを大解剖」記事メニュー

QLOOKアクセス解析