にきび肌の正しい洗顔法を知ろう!

にきび肌の正しい洗顔法を知ろう!

にきびができていると、ちょっとした刺激でもにきびを刺激してしまいそうな気がして、洗顔をする際にも結構怖いですよね。
にきび肌の場合には、どういう洗顔をして、どういった点に気をつければよいのでしょうか?

にきび肌に限らず、洗顔を行う場合にはまず、洗顔の目的をシッカリと知ることが大切です。洗顔では、顔の表面についている皮脂や汗などを洗い流すだけではなく、毛穴の中に詰まっている皮脂や汗、汚れなどを洗顔によって全て洗い流すことを目的としています。

にきび肌用の洗顔剤はいろいろなブランドからラインナップされていますが、にきびができやすい方は、石鹸タイプよりは洗顔クリームタイプの洗顔剤の方が、毛穴のつまりは少ないようです。 洗顔をする際には、指の腹やあわ立てネットを使って洗顔剤をしっかりと泡立ててから洗顔しましょう。洗顔剤を泡立てる事できめが細かい泡が、ひとつひとつの毛穴の中にシッカリと入り込んで汚れを洗い落としてくれます。

シッカリと泡立てた洗顔剤は、肌にこすりつけるのではなく、手のひらと指の腹を使って優しくマッサージするような感じで洗顔を行います。感覚的には、手のひらと顔の間に、洗顔剤と言うレイヤーがある感じ、といったところでしょうか。

にきびができている肌の場合には特にデリケートな洗顔を心がけるようにしましょう。にきび用化粧水などをタップリと補給して、肌を乾燥させないようにする工夫も大切です。
毛穴の汚れをしっかりと洗い流し、にきびができにくい肌環境を作ることで、にきびは少しずつ改善していくことが多いようですね。


「にきびを大解剖」記事メニュー

QLOOKアクセス解析