皮膚科でにきび治療をしよう!

皮膚科でにきび治療をしよう!

思春期になると、自分ではどうしようもないほどのにきびが出来てしまう事もあります。また、大人にきびなどはストレスや間違った洗顔が原因で皮脂分泌が異常に活発になることで毛穴がつまり、にきびとなります。

にきびは自分自身で治療できる場合には良いのですが、手に負えなくなった場合には速やかに皮膚科を受診して、にきび治療の薬を処方してもらう事が大切です。
にきびをつぶしたり放置したりすると、にきびはどんどんひどくなりますし、にきび痕などになったら治療にたくさんの時間がかかってしまいますから、そうならないように専門家の指示を仰ぐ事が大切ですね。

皮膚科では、男性ホルモンの分泌が過剰すぎる場合には男性ホルモンの働きを抑制することでにきびの発生を食い止める事ができるという見方をしていて、男性ホルモンを抑える内服薬などが処方される場合が多いようです。
また、すでにできているにきびの炎症を抑えて引っ込めるための塗り薬などが処方される場合もありますが、内服薬の方が効果はスピーディに実感できる場合が多いようです。

また、美容皮膚科などでは、レーザーやケミカルピーリングなどの治療によってにきび治療を行う事ができる場合などもあります。こういった治療を行う場合には、ダウンタイムと呼ばれる「ちょっと他人には見せられない時間」が発生しますから、治療の前には医師としっかり相談する事をおススメします。

自分にあったにきび治療を見つけることがにきび克服には大切と言えるでしょう。


「にきびを大解剖」記事メニュー

QLOOKアクセス解析