失敗しないにきびケアとは

失敗しないにきびケアとは

にきびにはいろいろな種類があり、それぞれに原因や特徴、ケアの仕方などが異なります。にきびができる仕組みは一般的に、毛穴の中に詰まっている皮脂や汚れなどがつまり、その部分の肌が呼吸できなくなる事でにきびとして炎症を起こし、肌が盛り上がります。それがにきびと呼ばれるものです。

にきびを予防するためにはいろいろな方法がありますが、皮脂を多く分泌させないサッパリとした食生活をこころがけて、脂質や糖分などを余り摂取しないように心がけるだけでもずいぶんとにきびには効果があるようです。
また、正しい洗顔方法で、毛穴の中に詰まっている老廃物や皮脂などをシッカリと取り除く事も大切です。

できてしまったにきびは、つぶしても良いにきびと、つぶしてはいけないにきびなどがありますから、シッカリと区別して、できるだけつぶさないで治療をするように化粧品やにきびの薬、サプリメントなどをとったりすることが大切です。
赤くはれているにきびなどは絶対につぶしてはいけません。つぶしても良いと言われているにきびはてっぺんの部分が白く膿を持っている白にきびのみ。
つぶす場合にも清潔な手で、アルコールをタップリつけて消毒しながら行いましょう。

にきびがにきび痕になってしまうと治療にも気が遠くなるような期間がかかります。にきびはにきび痕になる前に、にきびの段階でシッカリと治療をしてしまうことが大切です。にきびのケアは細心の注意を払って治療しましょう。


「にきびを大解剖」記事メニュー

QLOOKアクセス解析