活性酸素は老化防止の敵!

活性酸素は老化防止の敵!

活性酸素は老化を促進させる効果があるというのは有名な話です。老化は活性酸素のみが原因ではないということがわかりましたが、それでも活性酸素の影響を受けるという点に違いはありません。
ここで簡単に活性酸素と老化の原因についてまとめてみます。

活性酸素は遺伝子を形成する核酸を酸化させて、がん細胞を発生させる。
脂肪酸を酸化させて過酸化脂質を作り、細胞を破壊する。
老化色素を作り、細胞の動きを止める。

これらが活性酸素による老化の原因とされています。このように老化と活性酸素は密接な関係があるのです。老化というのはさまざまな形をとって私たちに襲い掛かります。アンチエイジングをして老化に対抗するのが、美容による老化との戦いですが、活性酸素の存在を忘れてはいけません。

ただしこの考え方もどこまでが本当なのかは、完全に立証されていません。あくまでも老化の原因として最も怪しいのが活性酸素であり、老化の原理自体が完全に立証されたわけではないのです。
もしかしたら私たちが生きている間に、老化のメカニズムが完全に解明され、活性酸素とはまた別の要因が見つかるかもしれません。

私たちにできる老化対策は、私たちにわかる範囲内でのことしかできません。自分の若さをできるだけ維持したいと思っているのなら、自分にできる限りのことは努力するべきだと思います。医学や美容の歴史はとても長く、これからもどんどん変化していきます。いつか完全に解明される日がくれば良いですね。


「老化に負けない」記事メニュー

「美容の悩みを解消しよう」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析