髪型と髪質の関係を考える

髪型と髪質の関係を考える

こういう髪型にしてみたいと思っても、実際にその髪型ができるのか、はたしてそれが自分に似合うのかという問題があります。個人の嗜好として、やってみたい髪型があると思いますが、その願望が100%かなうというわけではありません。

とことんこだわりたいという人なら、整髪料やパーマなどを駆使するという方法がありますが、その状態を維持するのはとても大変です。さらに言えば、その髪型が本当に似合っているかも別な問題なのです。自分が理想とする髪型を求めるのも良いことですが、その前に髪型と髪質の関係について考えてみてください。

髪型と髪質の関係は、とても密接な者です。手入れの方法1つとっても、注意しなければいけない点はいくつもあります。例えば髪質が硬い人の場合、短くした時は膨らみやすいという特徴があります。必然的に髪型の選択肢は狭くなってしまうのが特徴です。

逆に柔らかい髪質の人だと、髪を軽くしすぎるとパサパサになってしまいます。さらに髪のボリュームができづらいという特徴もあるので、ここも悩みどころですね。

このように単純に髪の柔らかさだけでも、選択肢はだいぶせばまってしまいます。絶対にその髪型でなければ嫌だとうこだわりがあるなら、あえて止めることはしませんが、その分苦労も人一倍のものになってしまうことは忘れないでください。

髪型は髪質に依存してしまうものです。ここが勝負所という時ならともかく、日常的な手入れのことを考えるなら、髪型は髪質に合わせて決めたほうが良いでしょう。


「髪質で悩まない」記事メニュー

「美容の悩みを解消しよう」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析