自分の髪質について知ろう

自分の髪質について知ろう

自分の髪質がどういうものなのか、知らないという人は意外とたくさんいます。自分のことだから誰よりもわかっていると思う人もいるかもしれませんが、それは毎日触っているからこのような感じという、抽象的なものが多いと思います。

また、自分の髪質については自分が良く知っていると言っても、それは他人と比較してのことではなく、あくまでも自分がそう思っているからということもあります。自分では直毛だと思っていても、プロの目から見てみればクセのある毛だと言われたことて、ショックを受ける人もいるくらいです。

そういう経験がある人は、ぜひ一度髪質について考えてみてください。
自分の理想とするヘアスタイルは、みなさんそれぞれ持っていると思いますが、自分の髪でそれが実現できるのかを知らなければいけません。誤った認識のまま髪のケアをしていても、思うようにはいきません。
まずは髪質にはどのような分け方があるのかを知りましょう。

髪の太さは0.08mmを基準にして考えられます。それ以上なら太毛で、それ以下なら細毛です。
1mm以下での比較基準だから、触っただけではわからないかもしれませんが、他の人と比べると意外とわかりやすいものです。

髪の量は10万本が基準になりますが、これも見ただけではわからないでしょう。髪の硬さは15cmくらいの髪の毛を結んだ時に、そのまま結べるのか、それとも弾かれるかで硬さがわかります。さらには直毛、波状毛、球状毛などの違いもあります。

素人判断ではわかりにくいかもしれませんが、単純に髪質と言っても、これだけの基準があるのです。


「髪質で悩まない」記事メニュー

「美容の悩みを解消しよう」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析