保湿化粧品を使う目的とは

保湿化粧品を使う目的とは

乾燥肌の方におススメの保湿化粧品にはどのような化粧品があり、どのような目的で使うことができるのでしょうか?

肌は細胞にたっぷりと水分が含まれている状態が健康な状態です。いろいろな原因で肌が乾燥すると、肌の表面にある皮脂が取れてしまい、肌の内側にある水分が肌の外へと蒸発して出て行ってしまいます。この状態が乾燥肌の状態ですね。

年齢が若い頃は、肌の表面の皮脂をとりすぎてしまっても自分自身の代謝機能によって健康な細胞をすぐに作ることができますから、特に保湿化粧品を使わなくても肌はみずみずしくプルプルです。
しかし、年齢とともに代謝が鈍くなり、新しい細胞が作られにくくなってしまうため、細胞が一度乾燥し始めると、乾燥がどんどん進んでしまうのです。

そこで活躍するのが保湿化粧品。保湿化粧品は、肌の細胞に対して水分を与える事もできますが、一時的な対策をするわけではなく、肌自身が健康な細胞を作ることができるように働きかけてくれるのです。

保湿化粧品に含まれている保湿成分にもいろいろな種類があり、ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチン、セラミドなど、色々なタイプの保湿成分があります。肌が乾燥する原因は人それぞれですから、乾燥肌の原因によってどのタイプの保湿成分が適しているのか変わってきます。

自分自身の肌をよく知るという意味でも、乾燥肌の原因を知り、原因を取り除くとともに保湿化粧品を使って健康な肌を取り戻す努力をコツコツとする事が大切ですね。


「保湿対策できるコスメ」記事メニュー

QLOOKアクセス解析