基本的な保湿の方法

基本的な保湿の方法

肌が乾燥してカサカサしたり、洗顔した直後に肌が突っ張ったりする感じがする方は、肌の保湿が足りていないようです。保湿が十分に行われていない肌は、肌の細胞が乾燥してしまうため、お化粧をしてもノリが悪かったり、肌の表面が白い粉をふいてしまったり、また、ひどい場合には皮膚がボロボロとはがれてしまう事もあります。

そうならないためにも、肌の保湿は普段から十分に行いたいものです。肌の保湿を行う方法にはいろいろな方法があります。まず誰にでもできる簡単な方法の一つに、水をたっぷりと飲む方法があります。
一日当たり2リットルを目安にして水を飲む事で、体内から細胞一つ一つに保湿を行う事ができます。

また、保湿成分が配合されているスキンケア用品を利用して、肌の表面から保湿を行う方法もあります。
保湿成分として配合されている成分にはいろいろな成分があり、ヒアルロン酸やセラミドなどが人気があるようです。

肌の保湿ケアを行う際には、肌を必要以上に乾燥させないような工夫をする事も大切です。例えば、毎日の洗顔も、熱いお湯を使ったり、洗顔するたびに洗顔剤を使うのではなく、ぬるま湯で洗顔し、洗顔剤を使うのは朝と夜の2回のみにとどめておくなどの工夫をするだけで、肌の乾燥をストップさせる事も可能です。

イオンや超音波を利用した美顔器を使うことで保湿ケアを行う事も可能です。
美顔器でマッサージすることで、肌の奥にある細胞まで保湿成分が入り込み、肌の内側からモチモチのシットリ肌を作ることができます。


「保湿対策できるコスメ」記事メニュー

QLOOKアクセス解析