どこまでがベースメイク?

どこまでがベースメイク?

ベースメイクとは、メイクの基本的な部分の事ですが、どこからどこまでをベースメイクと呼ぶのかご存知ですか?メイクをする際には、洗顔後にまずスキンケアをし、化粧下地やコンシーラーなどでポイントをカバーしてからファンデーションを塗ります。

この、化粧下地からファンデーションまではベースメイクと呼ばれている部分です。ベースメイクの後にはアイメイク、リップメイク、チーク、などポイント的にメイクを行いますが、これらはポイントメイクなどと呼ばれています。

ベースメイクにどのぐらい時間をかけて努力と工夫をしていますか?
ほとんどの方は、ベースメイクは適当にしているのではないでしょうか?肌の状態が健康な方でも、ベースメイクを適当にすると、化粧崩れしやすく、パッとしないメイクになってしまします。ですから、乾燥肌や敏感肌の方の場合には、ベースメイクにこそたっぷりと時間をかけて行いたいものです。

ベースメイクの最初に行う化粧下地には、保湿成分が配合されているタイプや、美白成分が配合されているタイプなど、いろいろなタイプがあります。
自分の肌質にピッタリするベースメイクを選ぶと同時に、自分の肌の色と同じ色を選ぶことが大切です。

下地を塗ったら、ポイントをカバーするコンシーラーでシミやクスミをカバーし、赤ら顔っぽい肌質の方は青みのあるコンシーラーなどを使ってカバーしましょう。

自然な感じのベースメイクを行うためには、保湿ローションを塗ってからまだ肌が湿っている状態で下地やコンシーラー、ファンデーションとベースメイクを完了することがコツです。この方法を使うと、素肌にスーッとなじむベースメイクができるので、ナチュラルメイクに見える効果もあります。


「いろんなメイクのコツ」記事メニュー

QLOOKアクセス解析