ゲルマニウムをチタンと組み合わせる理由

ゲルマニウムをチタンと組み合わせる理由

数多くの関連商品が発売され、話題を集めているゲルマニウム。最近ではチタンとのカップリングが目立つようになっています。
この2つを組み合わせたブレスレットやネックレスなどが多数登場するようになっています。

体内の生体電流に反応し、神経細胞のプラスとマイナスの電位バランスを調整してくれるゲルマニウム。肩こりや神経痛などに高い効果を発揮してくれることで知られています。それだけではなく、血液をサラサラにし、体内の老廃物や毒素を排出、また活性酸素の働きをブロックするなど、美容・健康の分野に幅広い効果を発揮することが知られるようになっています。

そんなゲルマニウムをブレスレットやネックレスといった形で身につけることで日ごろから健康対策を行うことができるのです。とくにブレスレットは違和感なく使用でき、また体の弱い人にも適度な刺激で効果をもたらすことができるため人気を集めています。

そんなブレスレットやネックレスに使用されるのがチタンなのです。チタンには他の金属にはないさまざまな特性を持っています。

たとえば軽くて丈夫、さびにくい点。そして汗などにも溶けにくく、人体への影響がほとんどないことで大きな特徴です。金属製品を身につける際、大きな問題となるのが金属アレルギー。溶け出した金属が体と接触することでアレルギー反応を示してしまうのです。しかし、チタンの場合は金属アレルギーの心配がまずないと言われており、さまざまな分野で使用されています。

このように、チタンとゲルマニウムを組み合わせることでより安全、効果的に活用することができるのです。


「ゲルマニウムを活用する」記事メニュー

「健康的な美容を目指す」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析