ニキビの原因は古い角質?

ニキビの原因は古い角質?

肌の代謝は通常は28日サイクルと言われていますが、年齢とともに代謝サイクルがスローダウンしてきます。肌の代謝サイクルが遅くなる事で、肌の表面にある古い角質は、理想のサイクル周期を超えてもなおかつ肌の表面に残っている事になります。そしてその古い角質が酸化すると顔がくすんで見えたりしてしまうわけです。
また、古い角質が紫外線に当たると、その角質が乾燥してしまうため、化粧のノリが悪くなったりもするわけですね。

それだけではありません。古い角質が肌の表面を覆うことで、毛穴をふさいでしまう場合もあります。
毛穴をふさいでしまうと、そうです、ニキビができてしまうのです。大人ニキビの原因はいろいろな原因がありますが、メイクや洗顔法などは気をつけたりしていても、古い角質のケアまではなかなか思いつかない人も多いようですね。

角質ケアを定期的に行う事で毛穴のつまりを解消する事ができるためニキビケアにもつながる事が多いです。角質ケアは基本的には、肌の表面に残っている古い角質をコットンなどでゴシゴシと取り除くタイプの方法が多いのですが、ニキビが出来ている方の場合には、なるべく優しく角質ケアをすることが大切と言えるでしょう。
角質をケアする間にニキビを刺激してしまっては、せっかくの角質ケアをしても、かえってニキビが悪化してしまう事になってしまいます。

角質ケアでにきび予防をしたいニキビケアをする場合には、にきびの状態や肌の状態などをみながら、角質ケアの使用頻度を自分で調整すると良いでしょう。


「知りたい角質ケア」記事メニュー

QLOOKアクセス解析