角質とターンオーバーの関係を知ろう!

角質とターンオーバーの関係を知ろう!

お肌のターンオーバー(代謝)サイクルは、通常では28日サイクルと言われています。若い頃にはこの28日サイクルで肌が代謝してくれるため、肌の表面に古い角質が残ったりする事もないのですが、年齢を重ねるに連れ、肌のターンオーバーが遅くなり、28日サイクルでターンオーバーされなくなってしまいます。
肌のターンオーバーは30代に入ると40日程度の周期になるといわれていて、40代になると50日以上のターンオーバーの周期になってしまうといわれています。

古い角質が肌の表面に残っていると、肌にとっては良い事がほとんどありません。古い角質は空気にそれだけ長期間さらされていますから、酸化してしまいます。角質が酸化することで毛穴が黒ずんでしまったり、色素沈着を起こしてしまったりもしますし、毛穴をふさいでしまうとにきびの原因にもなってしまいます。

また、古い角質が肌の表面に残っていて紫外線を浴びると、その部分が極度に乾燥してしまうため、化粧のノリが悪くなってしまったり、肌がカサカサな凹凸肌にもなってしまうわけです。

角質ケアをする際には、古い角質を肌の表面から取り除くケアをする一方で、肌のターンオーバーを出来るだけ理想的な28日サイクルに近づけるケアも大切です。
アンチエイジングのスキンケアアイテムなどには、肌の代謝を担うコラーゲンの生成を促進する効果があるアイテムなどもありますし、古い角質を取り除きながら肌のターンオーバーを促進する成分が配合されているアイテムなどもあります。


「知りたい角質ケア」記事メニュー

QLOOKアクセス解析