皮膚科で角質ケアするには

皮膚科で角質ケアするには

カカトなどにしっかりとたまってしまう角質。毎日コツコツとお手入れできれば良いのですが、毎日シャワーで済ませていたりする人にとっては、毎日のケアこそ、なかなか大変だったりしますよね。

角質は放置しておいても自然になくなるわけではありません。やはりフットバスなどを使って角質を柔らかくしてから擦り取る方法が理想的な角質ケアなのですが、角質がどんどん厚くなってしまったり硬くなってしまったりすると、なかなか角質ケアを行う事もできなくなってしまいます。
そんな時にぜひ利用したいのが皮膚科での角質ケアです。

皮膚科での角質ケアは、角質ピーリングが人気です。医療機関だからこそできる高濃度の薬品を使ってピーリングを行う事ができるため、短時間で角質がすっきりとスベスベになると言うメリットがあります。

また皮膚科での角質ピーリングには、ケミカルピーリングと言う薬品を角質に塗る方法以外にも、水と酸素を使ったジェット噴流を用いたジェットピーリング、また、カーボンを角質に塗ってレーザー反応による角質ケア、カーボンピーリングなどの種類があります。皮膚科によってケア方法が異なるようです。

皮膚科での角質ケアは、即効性が高いと言うメリットがありますが、一方で、薬品の濃度などによっては肌にダメージを与えてしまうリスクも理解しておいた方が良いかもしれません。肌の弱さや敏感さは人によって違いますから、足のかかとの角質といえど、薬品濃度によっては焼けどの様な症状になるリスクもありますし、医師の技術による所が多いといえるでしょう。


「知りたい角質ケア」記事メニュー

QLOOKアクセス解析