ナリス化粧品のコンセプト

ナリス化粧品のコンセプト

ナリス化粧品は、スキンケア理論を提唱しています。すなわち、洗う(Wash)、除く(Cleanser)、整える(Conditioner)、与える(Creme lotion,Cream)の4ステップです。2番目の除く(Cleanser)というのが他のブランドとは違う考え方です。クレンジングのあとにまた「ふき取り」です。このステップでは、ふき取り用の化粧水を使います。

ナリス化粧品は、角層ケアを初めて開発したブランドとして知られており、「ふきとりのナリス」とも呼ばれるほど、このステップに力を入れています。

まずは角層に残された老廃物を取り除き、肌の再生を促します。老廃物が残っていては、肌を美しくしようとしても邪魔になるばかりです。ですから、クレンジングの後に余計な老廃物を拭きとってしまいます。
老化した角質を取り除くことにより、次のステップで使う化粧水や乳液が肌の奥にしみこみやすくなるメリットがあります。

ふき取り化粧水の後には保護化粧水を使い、保護と引き締めの効果を一度に行います。これによりpH濃度を調整し、肌を弱酸性に保たせます。浸透させた後は、ベールを作ってそれを保持させなければなりません。ナリス化粧品の乳液とクリームは、母乳よりも小さな微粒子で作られています。油分と水分を適切にコントロールし、刺激に負けない肌を作ります。

ナリスでは、化粧品の他にビューティ・グッズも販売しています。光エステを搭載した「メガビューティLED」は、特に人気商品となっています。


「ナリス化粧品でスキンケア」記事メニュー

「失敗しない化粧品選び」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析