レーシックでは洗顔に注意!

レーシックでは洗顔に注意!

視力を回復させるためのレーザー治療レーシック。テレビや新聞などでメリットやデメリットなどが良く紹介されていますが、リスクを犯しても視力を永久的に回復させたいと願う人は後を絶たないようです。
レーシック手術を受けた後には、洗顔や洗髪、シャワーなど、目が濡れてしまう行為はしっかりと医師の指示を守って行う事が必要です。

レーシック手術を受けた後には、手術当日から洗顔自体を行うことは可能ですが、この際には目に水などが入らないように最大限の注意をする必要があります。
目を閉じたままの洗顔が難しい・・・と言う場合には、危険を冒さずに手術後数日間は、コットンにとってふき取るタイプの洗顔剤などを利用した方が安全で良いかもしれませんね。メイクをせずに過ごせるのならメイクはしない方が良いかもしれません。

レーシック手術を受けた場合、どのぐらいで洗顔剤を使って洗顔ができるのでしょうか?
レーシック手術を受けてから最低でも1週間は目に洗顔剤が入らないように最大の注意をする必要がありますから、洗顔剤を使った洗顔も、できれば1週間ぐらいは待った方が良いのですが、そうは言ってもその間に皮脂が毛穴の中に詰まってニキビ肌になってしまっては困りますから、最低でも3日ぐらいは洗顔剤ナシの洗顔で我慢して、3日後からも、しっかりと目を閉じたままで洗顔を行うように注意しなければいけません。

レーシックを考えている方は、そういった術後の日常生活についてもしっかりと説明を受けることが何よりも大切です。


「正しい洗顔方法」記事メニュー

QLOOKアクセス解析