洗顔パウダーのメリットとデメリット

洗顔パウダーのメリットとデメリット

洗顔剤にもいろいろなタイプの洗顔剤があります。
石鹸タイプ、ジェルタイプ、そしてパウダータイプの洗顔剤。それぞれにいろいろなメリットとデメリットがあるのですが、最近は細かいミクロの泡を立てやすいパウダータイプの洗顔剤がとても人気があるようです。

パウダータイプの洗顔剤は、サラサラ下パウダーですから保存しやすいと言う大きなメリットがある一方で、湿気にとても弱いため、バスルームなどに置きっぱなしにしておくことができないと言うデメリットもあります。部屋に保管しておいて、利用するときには乾いた手でパウダーを取らなくてはいけないので、バスタイムの時に使いたい人にとっては、かなり使いづらいかもしれませんね。

そんなデメリットを解消して、最近では一回ずつの個別包装になっているパウダータイプの洗顔剤も登場しています。エコ的にはちょっとどうかな、とも思いますが、毎回どのぐらいの量を使ったら良いのかあらかじめ計算されているので、便利といえば便利なのかもしれませんね。

パウダータイプの洗顔剤を使う場合には、手のひらに少しずつ水を混ぜて徐々にあわ立てて行くと良いようです。一気に水と混ぜてしまうと上手く泡立たない場合も多いので、水は少しずつあらの加減を見ながら銜えていくと良いでしょう。

パウダータイプの洗顔剤は、敏感肌やアトピーを持っている方などでも安心して使うことができるような安心タイプの洗顔剤も多いようです。アミノ酸や酵素など、毛穴の中まですっきりと洗うことができるような成分が配合されているタイプもあるようですよ。


「正しい洗顔方法」記事メニュー

QLOOKアクセス解析