薬用と普通の洗顔剤との違いは何?

薬用と普通の洗顔剤との違いは何?

洗顔剤の中にたまに見かける「薬用洗顔剤」。薬用とは、どこがどのように薬用で、薬用ではない洗顔剤と比較するとどのような効果があるのでしょうか?

薬用洗顔剤はいろいろなブランドから販売されていますが、それらの洗顔剤に共通する点は「ニキビケアができる」と言うことかもしれません。薬用洗顔剤の多くは、毛穴の中まで汚れをしっかり取り除くだけでなく殺菌作用もあるので、にきびの原因になる毛穴の中の老廃物が酸化したりする事を予防してくれます。

また、すでにニキビができている肌にも薬用洗顔剤はとても大きな効果があります。薬用洗顔剤なら、ニキビの毛穴にしっかりと入り込んでニキビの炎症を抑えてくれますし、肌の表面を弱酸性に保つ事ができるため、ニキビができにくい肌環境を作り出す事も可能です。

薬用洗顔剤を使う際には、特に注意する点はないので一般の洗顔剤と同じように使用することができます。しかし、ニキビが盛んなニキビ肌の場合には、ニキビを刺激しないように優しく使うことが大切です。
それから薬用洗顔剤といっても、ゴシゴシとこする必要はなく、ぬるま湯でしっかりと泡立てて、ミクロの泡を毛穴の中に入れることで洗顔することができます。手のひらと肌の間に薬用洗顔剤と言うレイヤーを作るような感じで優しくマッサージすると良いでしょう。

薬用洗顔剤はドラッグストアなどでも販売されていますし、ネットショップなどでも気軽に購入することができます。リーズナブルな価格で購入できる場合が多いので、ぜひお試しください。思春期のニキビ肌にも多きな効果があるようですよ。


「正しい洗顔方法」記事メニュー

QLOOKアクセス解析