洗顔クリームの正しい使い方

洗顔クリームの正しい使い方

洗顔剤にはいろいろなタイプがあり、クリームタイプの洗顔剤もあります。
ドラッグストアなどではあまり見かけることが少ないような感じもする洗顔クリームですが、ネットショップなどではとても人気があり、リピーターも大勢いるようです。

洗顔クリームには大きく分けて2種類のタイプがあります。一つは、クリーム状の洗顔クリームを、洗顔石鹸のようにしっかりと泡立てて顔につけ、汚れをしっかり落としてから洗い流すタイプの洗顔クリーム。こちらはサッパリとした泡立ちを楽しむ事ができる一方で、界面活性剤が配合されている場合も多く、肌が弱い方や敏感肌の方にはあまり向いていないかもしれません。
このタイプの洗顔クリームを使う際には、肌に合うかどうかをしっかりチェックする事が大切ですね。

もう一つのタイプは、泡立てずに、乾いた肌にそのままクリームを塗るような感じで塗るタイプの洗顔クリームです。この場合の洗顔クリームは、マッサージクリームをつけるような感じで顔全体にクリームをつけ、優しくマッサージしながら皮脂の汚れやメイクなどをクリームに吸着させます。

泡立てようとしてもこの場合には泡立たないので注意しましょう。タップリと肌につけて優しくマッサージすることで、リンパマッサージなどにも有効ですが、顔がすでに濡れてしまっているバスタイムには向いていないと言うデメリットもあるようです。

どちらの場合にも、クリームが顔に残らないようにぬるま湯でしっかりと洗い落とす事が洗顔クリームの大きなポイントかもしれませんね。
最近ではクレンジング機能やスクラブ機能がついている洗顔クリームもあるようです。


「正しい洗顔方法」記事メニュー

QLOOKアクセス解析