クレンジングと洗顔の違いは?

クレンジングと洗顔の違いは?

毎日お化粧をしている女性の方、クレンジングと洗顔剤はどうしてますか?
クレンジング剤はメイクを落とすために用いるスキンケアですし、洗顔剤は肌の表面や毛穴の中の皮脂や汗などを取り除くために用いるスキンケアです。ダブル洗顔といわれているのは、クレンジングでメイクを取り除いた後に、洗顔剤で肌の皮脂などを取り除くと言う洗顔方法ですが、実はこのダブル洗顔はメリットもあるとともにデメリットにもなる洗顔方法なので気をつけなければいけません。

ダブル洗顔をする際には、どうしても肌の表面をゴシゴシとこすってしまいがちです。肌の表面をゴシゴシとこする事によって、肌の表面の角質などが剥がれ落ち、肌本来が必要としている油分までを洗い落としてしまう事になります。その結果、肌は必要な油分を補うために皮脂分泌が過剰になり、それがかえって毛穴を詰まらせたりしてにきびの原因となるのです。

ダブル洗顔をする際に気をつけたいのは、クレンジングも洗顔剤もゴシゴシしなくてもしっかりキレイにすることができるという点を理解する事です。クレンジングは肌の表面につけると自動的にメイクと混ざり合ってメイクを落とす事ができます。ふき取るタイプのクレンジングでは肌をゴシゴシしてしまう可能性も高いので、肌が乾燥しやすい方は、洗い流すタイプを使うと良いかもしれませんね。

洗顔剤も、手のひらでそっと包み込むように洗顔すると、肌にとって必要な皮脂は残したままサッパリとした洗い上がりを実現する事ができます。


「正しい洗顔方法」記事メニュー

QLOOKアクセス解析